VPN

VPNにはインターネットVPN、IP-VPN、フリーのOPEN VPN、デスクトップVPNなど無料、有料それぞれ多数ありますね。CISCOルータを使った構築やIPSEC、SSLでの接続など設定も少々、大変だったりします。クライアント側での作業も結構いっぱいあります。

VPNは専用回線のように回線を使うサービス

スポンサードリンク                    プライバシーポリシー

インターネットなどの公衆回線を使用する場合に、まるで私設回線や専用回線のように回線を使うサービスのことをVPNといいます。

このVPNというサービスにはどのような方法を用いるかによっていくつかの種類に分かれます。 コストを抑えることによって手軽に仮想LANを運用できるようにした
ものはインターネットVPNと呼ばれ、これはバックボーンにインターネットを用いることによって実現されています。 特徴としては他のサービスに比べて非常に安価で導入することができるという利点があります。

以前ならば専用のソフトウェアなどが必要であったためにいくらかのコストが必要不可欠だったのですが、現在ではオープンソースのソフトが登場しており誰でも
手軽に利用できるようになっています。

他にも通信事業者に依存しないというもう一つの利点があり、度々プロバイダを
変えることがある人であっても問題無く利用できるのも利点です。



一方欠点としては帯域の保証が困難であるという点と、セキュリティの安全性を高めるためには複雑な設定やソフトウェアの使用が
必要になってくるというものがあります。 これはインターネット上のデータは他の第三者に見られる可能性があるためで、
インターネットVPN
を行なうためには通信データの暗号化をする必要があるためです。



これに対してもう一つの仮想私設回線サービスがIP-VPNと呼ばれるものです。こちらも専用回線のようにある程度の速度や機密保持が
できるという点で有用なサービスの一つです。 仕組みとしてはMPLSというシステムを用いたものになっており、従来ならばIPアドレスを
基にして決められるパケットの経路選択をこちらで決めてやることによって同じIPアドレスからの接続であっても回線の遅延や混雑なく
通信を行なうことができるようにしたものです。

これによってある程度の帯域保証と、インターネットVPNに比べて高いセキュリティ性能を実現することが可能になっています。
欠点としてはインターネットを利用した場合に比べて価格が割高であるという点と、どこからでもつなぐことができないという欠点があります。

これはインターネットを利用しているわけではなく、決められた場所から決められた経路を使ってデータを通信することによって仮想的に
専用回線のように使用できるというものであるため、どこからでも気軽に利用するということができないのです。

ただしインターネットを利用する場合に比べれば割高ですが、それでも専用回線を導入するよりは安価に導入できるので
IP-VPNもセキュリティの高さからいえば十分に優れたサービスだといえるでしょう。

SPONSORED LINK

Copyright(C) 美景微笑 All Rights Reserved.